商品の登録情報をもう一度見直してみましょう。
□商品写真は鮮明なものを選択していますか。
□商品説明は丁寧ですか。
□販売価格は適正ですか。
□在庫数は適正ですか。
上手な商品情報入力

店舗情報を読んでみましょう。
・訪問者の傾向、平均来客人数から店舗様のお客様層を想像したとき、商品はそのお客様に合っていますか。
・平均客単価からかけ離れた価格ではありませんか。

<例>
・訪問者の傾向:女性・ファミリー・20代〜40代
 →子育て世代の女性が多い
 →アイデア商品や便利グッズ、子供が好きそうな(食べれる)食品等
・平均来客人数:平日10人、休日30人
 →休日にお客様が集中
 →1日あたり商品を目にする、手にする人数の目安。ここから在庫数を考えます。
・平均客単価:約2000円
 →高価なものは難しそう
 →お手頃価格の方が手に取ってもらいやすい。
※上記は一例ですので、実際には異なる場合もあります。

回答が見つかりましたか?