店舗は商品情報を見て販売の可否を判断します。
店舗の方にどのような商品かわかりやすいように商品情報を登録しましょう。
 →販売リクエストの承認率UPのコツ

■商品写真(最大3枚)
以下のような写真の添付をオススメします!
・商品の中身・形状・イチオシ部分等の写真
・商品パッケージがわかる写真
・陳列方法がわかる写真

店舗オーナー様は実際に商品を見たこと、触ったことがないので、写真でいかに素敵な商品であるかを伝えましょう。

■商品名

人気店舗はたくさんの販売申し込みを受け取ります、商品名から何の商品かわかるようにしましょう。

△  「Tシャツ」
◎  「SpaceEngineロゴTシャツ」

△  「23495 ゴールド」シリーズや品番ではどのような商品か伝わりづらいです。
◎  「SpaceEngineのロゴ時計 ゴールド」

■商品説明

店舗の方が店頭で商品の説明ができるように、商品のポイントやこだわりを伝えましょう。

△  「SpaceEngineのロゴが入ったTシャツ。白・青・赤の三種類があります。サイズはSMLがあります。」

◎  「SpaceEngineのロゴが入ったTシャツ。7オンスの生地なので、肉厚でしっかりしています。白・青・赤の三種類ありますが、一番人気はロゴ文字がよく映える白色です。シンプルなデザインなので、男女共に着用いただけます。
今回はこの白色をSサイズ、Mサイズ、Lサイズ各10着、合計30着をリクエストします。やや大きめサイズなので、普段Mサイズを着用する方はSサイズがオススメです。商品(30着)とは別に試着用を1着ずつ納品しますので、お客様に試着していただけます。」

店舗様もイチオシ部分がわかれば、接客しやすくなります。商品とは別に、試着用や試食用をつけると店舗オーナー様、来店者様が商品を体験することができます。

回答が見つかりましたか?