JANコード、PL保険は商品に付いておりますでしょうか。


JANコードとは 
一般財団法人 流通システム開発センターより出典

JANコードは「どの事業者の、どの商品か」を表す、世界共通の商品識別番号です。
JANコードは、商品のブランドを持つ事業者が、一般財団法人 流通システム開発センターから貸与されたGS1事業者コードを用いて、商品ごとに設定します。
通常、バーコードスキャナで読み取れるように、JANシンボルというバーコードシンボルによって商品パッケージに表示されます。
JANコードとJANシンボルは世界共通の仕組みであり、多くの国で使用されています。
JANコードは日本国内での呼び方です(JANとはJapaneseジャパニーズ Articleアーティクル Numberナンバーの略)。 

JANコード作成手順はこちらからご確認ください。

※GS1事業者コードは、JANコードなどの国際標準の識別コードを設定するために必要な番号です。GS1事業者コードに、さまざまな番号を組み合わせることで、各種の識別コードを設定することができます。GS1事業者コードに商品アイテムコードを組み合わせれば"JANコード"を設定できます。GS1事業者コードは、国際的にはGS1 Company Prefixと呼ばれ、日本では「45」または「49」で始まる9桁または7桁の番号です。
日本の事業者がGS1事業者コードを必要とする場合は、一般財団法人 流通システム開発センターに登録を申請することで、コードの貸与を受けることができます。


PL保険とは
東京海上日動より出典

PL保険(生産物賠償責任保険)は製造・販売した製品や商品(生産物)が原因となり、他人にケガをさせたり(対人事故)、他人の物を壊したり(対物事故)したために、被保険者(保険の補償を受けることができる方)が法律上の損害賠償責任を負担された場合に被る損害を補償する保険です。
日本国内において、保険期間中に発生した事故が対象となります。

【想定される事故例】
・製造または販売した自転車が安全性を欠いていて、利用者がケガをした。

※PL保険は一般的に自動車保険や火災保険を取り扱っている損害保険会社が販売を行っております。

回答が見つかりましたか?